レジャー

子供とぶらりと京都鉄道博物館を楽しむ

投稿日:2017年8月29日 更新日:


京都鉄道博物館に行ってきました。
下調べもせずに、ぶらりと行って2時間半の滞在です。
本気出さずに軽く行って、かなり子供たちは楽しめたようです。
特に電車マニアってわけではないけど。1日たっても、2歳の息子は「電車楽しかったねえ。ママ楽しかった?」8歳の息子は「新幹線の運転席にのったのすごいよね!」と熱が冷めないようです。

京都鉄道博物館は軽く行っても楽しめた

夏休み最後の日曜日に軽ーく行って2時間半の滞在で楽しめた事をお伝えします。
エントランスを入るとピカピカの電車がお出迎え。わーい!と記念撮影。

エントランスに並ぶ電車に乗ってみたり。電車カフェをのぞいたり。新幹線は運転席に乗れるので、息子は並んでも入りたい!といってパパと体験。

館内には電車はもちろん、踏切もあって。線路を走る自転車みたいなのがしたいと、ここも並んで体験。自転車みたいなのは120cmの身長制限があるので、ちびっこ二人はこの周りにある展示をみたり、スタンプラリーをして楽しむ。ボタンを押すと信号が変わったり、線路が切り換えられたりして2歳児も夢中。

2階に移動して、模型のトンネルで大喜び。キッズエリアでも少し遊ぶ。

 運転シュミレーターや、ジオラマなど予約や開始時間が決まっているものはスルー。

夏休みの企画展示で、プラレールを走らせて大喜び。

屋上テラスで自動販売機のジュースを飲んで一休み。実際の電車がよく見えます。(2階にある展望レストランも素敵です。)

1階に戻ってきて、操縦席やアナウンス体験ができるコーナーでひと遊び。

  外で機関車に遭遇。

こんな感じで、ぶらりと行ってとても楽しめました。
女の子はスタンプラリーが気に入っていました。これも夏休み企画みたいです。

京都鉄道博物館へのアクセス

京都駅まで電車で行って、そこからタクシーに乗っていきました。
2歳、6歳、8歳の子供ずれなので、京都駅から歩くには遠いです。
もうすぐ、近くに駅ができるそうで、工事をしていました。近い将来電車で行けるようになるみたいです。
帰りはタクシーが見当たらなくて、ちょうど来ていた京都駅行きのバスに乗りました。
大人2人と子供たちの交通費は、タクシーだと800円、バスだと600円くらいでした。

京都に子供向けの観光施設

京都って大人な観光地なので、子供ずれには行きづらい。
ということで、梅小路エリアは子供も楽しめるように開発されてるなと思います。
京都鉄道博物館は男の子むけ。京都水族館は女の子むけ。
梅小路公園では子供が思いっきり遊んで楽しめます。
京都に足りないものが、プラスされたんですね~!

 

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
クリックして応援してくださるとうれしいです。

-レジャー
-

執筆者:

関連記事

カフ―リゾートフチャク コンド・ホテル滞在中のお食事レポート

        カフ―リゾートでは、コンドミニアム型のアネックス棟に宿泊したのでお部屋での調理ができました。どんな物を食べたのか?レポートします。 カットフルー …

淡路島旅行の記録

こんにちわ。ぷるぷにばぶーです。 3人目が生まれてから、はじめて行った家族旅行についてまとめてみようと思います。 旅行記記事一覧はこちらからどうぞ。旅行リスト この旅行のテーマ この旅行は、夫が姫路に …

子供と一緒に、那覇の市街地観光~国際通り、首里城~

        子供と那覇市街地を観光 帰りのフライト前日は、那覇市街地に1泊しました。ゴールデンウィークの沖縄は天気が悪いと寒くて、プールに入れません。という …

JALパックで沖縄に行ったよ。~JALパックで沖縄に行って得したことまとめ~

      沖縄に行きたい!ってことであれこれ調べて予約したのですが、最終的にJALパックで予約したポイントをお伝えします。次に、実際に行って感じたメリットもお伝えします …

岐阜 高山旅行記1

7月の連休に、岐阜 高山に旅行に行って来ました。 小学2年生、年長さん、2歳児を連れての旅行です。 旅行した時系列でご紹介します。 リスの森 リスの森、飛騨高山自然庭園に行きました。 http://k …

自己紹介とサイトへの思い
ぷるぷにばぶー

2009年第1子出産
2011年第2子出産
2014年第3子出産

いろんなことをじっくり考えて丁寧に生きていきたい。

どうしたらいいのかな?何が必要?なんでこうなの?

単調な毎日のようで、子供の成長につれて刻々と変化していく環境。
子育てって、忍耐と柔軟性が必要ですよね。
頑張るのも大事だけど。手抜きと、楽しみはかかせない。
女性って忙しいですよね。全部ひとりでなんて無理。

だから、お友達とたくさん情報交換して、楽しく早く自分にぴったりな事を見つけていく。

このサイトがそんな女性のお友達になっていけたらうれしいです。
毎日のヒントにつながってほしい。。。

サイトマップへ移動

検索