レジャー

子供とディズニーリゾートを楽しむために~キャラクターを知ってる?ミッキーマウスクラブハウス~

投稿日:2017年12月11日 更新日:

ディズニーキャラクターを知っているか?

ディズニーに遊びに行ったときに、キャラクターが子供にとってなじみ深いものになっていれば、ディズニーをもっと楽しめると思うんです。知らなくても、素敵なショーで感動してミッキーを覚えて帰るとは思います。でも、いつも馴染んでいたミッキーがここにいて、素敵なショーの主役になっている!ってなると「おーい!ミッキー!」って呼んだり。ミッキーがこっち向いて手を振ったよって喜んだりしてくれます。そんな一生懸命な子供たちをみると、(#^^#)してしまいます。

うちの子のディズニーの入り口はツムツムだった

うちの場合、3人目が生まれて、午前午後にお昼寝をする時期は、私がディズニーツムツムにハマってしまっていました。ちょっとした隙間時間に遊ぶのがその時期の快感でした。そのうち、子供たちも一緒にやるようになって。

「フランダーが当たったよ!」とキャラクターとその動きの可愛さに夢中でどんどんキャラクターを覚えていきました。ストーリー完全無視の、キャラクター重視です。

そんなツムツムマニアになったわが家は、ディズニーに導かれていくのでした。

 

 

 

 

 

あみぐるみのミニ―ちゃん作ったら大喜び。

ミッキーマウスクラブハウスが大好き

実家ではBSデジタル放送が見られるので、ディズニーチャンネルで「ミッキーマウスクラブハウス」をみて大好きになりました。それから、DVDをレンタルしたり、U-nextで見るようになりました。ほどよく、短くて、子供がミッキーと一緒に参加するような設定のお話になっていて、「うん!」「それそれ!」と素直にミッキーと話をしています。当時、1歳くらいの末っ子も一緒に見て、1歳半でディズニーに行く頃にはすっかりキャラクターを覚えていました。

ミッキーマウスクラブハウスはどこで見れる?

ディズニーに行く前に、見ておくと子供と一緒に盛り上がれるのでおすすめです。

①レンタルDVD 

やっぱり、DVDだと種類がたくさんあって選べるので便利です。

 

②u-NEXT

ミッキーマウスクラブハウスの種類が少ないかもしれませんが1話ごとに有料で見られます。ディズニー映画もたくさんあります。ディズニー以外にも、サンリオなど子供用のラインナップが豊富で良いと思います。妖怪ウォッチは無料で見られます。U-NEXTに加入していると大人のドラマを見逃した時に探して見れるから便利です。テレビをインターネットにつなげると世界が広がりました。月額2000円台で契約できます。

 

③BSデジタル や ケーブルテレビで ディズニーチャンネルを見る

契約しているケーブルテレビをチェックしてみると、ディズニーチャンネルが入っているかもしれません。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村 ランキングに参加しています。 バナーをクリックするとランキングポイントが増えるので、 クリックして応援してくださるとうれしいです。

記事下広告大




記事下広告大




-レジャー
-

執筆者:

関連記事

岐阜 高山旅行記2

高山旅行記1の続きです。 小学2年生、年長さん、2歳児を連れての旅行です。 下呂温泉で一泊して、次の日の朝からです。 飛騨小坂ウッディランド ふれあいの森 チェックアウトの時間まで、温泉でゆっくりして …

ディズニーリゾート ファストパスが使える幼児向けのアトラクションは?

ディズニーでファストパスが使えるアトラクションはたくさんありますが。 行ってよかった小さい子供向けのアトラクションについてまとめてみます。 小さい子供が楽しめた、ファストパスが使えるアトラクションは? …

沖縄の海辺を親子でトレッキング~ちゅらだーまを探せ!冒険気分で沖縄の海について学ぶ~

        沖縄旅行に行って、親子で何をしよう?海について知りたいな。そんな思いから申し込んだアクティビティのレポートです。 沖縄本島恩納村シーナサーフで「 …

カフ―リゾートフチャク コンド・ホテルの素敵なところ

      カフ―リゾートで拾った貝殻と一緒に。たくさん素敵な所があるのですが、私たちが訪れたほんの一部をご紹介します。 プールは2か所 ホテル棟にある、2段プール &n …

生後何カ月で旅行に行くか?

こんにちわぷるぷにばぶーです。 3人育ててみて、はじめて赤ちゃんを連れて旅行に行くなら生後3カ月がいいなあと思うのです。 それでは、経験を踏まえて、なぜ3カ月がいいのか書いてみようと思います。 生後三 …

自己紹介

自己紹介
ぷるぷにばぶー
30代後半女性
2009年第1子出産
2011年第2子出産
2014年第3子出産
第1子出産後は専業主婦

このサイトについて

いろんなことをじっくり考えて丁寧に生きていきたい。
どうしたらいいのかな?何が必要?なんでこうなの?
単調な毎日のようで、子供の成長につれて刻々と変化していく環境。
子育てって、忍耐と柔軟性が必要ですよね。
頑張るのも大事だけど。手抜きと、楽しみはかかせない。 女性って忙しいですよね。全部ひとりでなんて無理。
だから、お友達とたくさん情報交換して、楽しく早く自分にぴったりな事を見つけていく。
このサイトがそんな女性のお友達になっていけたらうれしいです。
毎日のヒントにつながってほしい。。。

サイトマップへ移動

検索


おむつを安く買うのに便利なサイトLOHACO Yahoo!ショッピング


楽天市場

楽天トラベル株式会社