お知らせ サイトのデザインを変えました。スマホは左上のメニューボタンからお気に入りの記事を探してみてね。

 

産後

出産後のおっぱい いつからでるの?~出産状況で全然違う!3人出産での体験記~

更新日:

赤ちゃんが生まれたら始まる、お母さんの大事な仕事。「おっぱいやミルクをあげて、清潔で安全な環境を整えてあげる。」
おっぱいなんて、出したことないし。聞いてはいるけど実際って。。。
私の体験談をまとめてみました。

おっぱいっていつから出る?

赤ちゃんを産んで、すぐには出ません。出産の痛みが引いてきたかな?って頃に少し出始めました。
出始めるときは、おっぱいが固くなって痛いです。
初産や、経産婦、帝王切開などでも出が変わりました。

初産のとき

初めての出産はスムーズにできたというものの、やはり衝撃的な体験で。産後の痛みでその晩はほとんど寝られませんでした。
1日たち、発熱や子宮収縮の痛みが引き始めたころ。今度は、おっぱいの痛みがやってきます。体って、上手くできてますね。休む暇がありません。
看護婦さんに教わって、出産後2日目ぐらいで、何とか2mLくらいを絞り出すことが出来ました。
その後もカチカチになったおっぱいを保冷剤で冷やして痛みと戦いながら、3日目には10mL、4日目には20mL、7日目には30mLと搾乳(おっぱいを絞って瓶に集める事)出来るようになりした。
赤ちゃんもおっぱいから直接吸うようになって、3日目に20mL、4日目に30mL 増えていきました。
おっぱいだけでは足りないので、病院で習って哺乳瓶でミルクを作ってあげました。退院してからもおっぱいの時間のたびに哺乳瓶でミルクをあげていました。
朝昼関係なく、3時間おきに飲みます。飲んではおしっこ、うんちでおむつ替えもしょっちゅうです。
親になったらもうリタイヤできない、ハードな出産後に、休む間もなく24時間マラソンへの予期せぬ参加って感じでカルチャーショックを受けました。

2人目の出産のとき

母乳を出したことがあるので、おっぱいの立ち上がりがスムーズでした。
出産後1日目に5mLは出ていました。
2~3日後におっぱいがカチカチながらも、40mLぐらい出ていました。このころ、経産婦は子宮収縮の痛みが大きくなるらしく、痛み止めをもらっていました。
4日後に痛むが引いたころには、70mLもおっぱいが出ていました。おっぱいの立ち上がりがスムーズだったので出産後から、搾乳いらずでした。
女の子だったからか、70mLぐらいのおっぱいで満足するらしく、1日数回ミルクを足してあげるだけでした。

3人目出産のとき(帝王切開)

帝王切開の時は、体に負担がかかったためなのか、おっぱいの出が遅かったです。
自然分娩の時には2日目におっぱいと格闘してましたが。帝王切開の時は2日目に自室内を歩いてトイレに行けることに必死で、術後の痛みと格闘していました。
3日目にようやくおっぱいが張ってきて搾乳で10mLと赤ちゃんが直接10mL飲めるようになりました。
術後の痛みと、麻酔の後遺症の頭痛とで痛み止めが欠かせませでしたが、おっぱいが出るようになって、初めて痛みどめ無しで眠ることが出来ました。
退院する7日目におっぱいが40mL出るようになりました。
男の子だったので、よく飲むのと、おっぱいの出が少ないこともあっておっぱいのたびに哺乳瓶でミルクをあげていました。

まとめと関連記事

3回出産を体験して、それぞれ違う状況になったので、きっと、皆それぞれなのだと思います。
この記録を読むことで、共感できて安心につながったら嬉しいです。

今回、帝王切開の事にふれましたので、帝王切開の体験記をリンクしてご紹介しておきます。
胎児機能不全のために緊急帝王切開した時の記録です。

帝王切開の体験記1  帝王切開の体験記2  帝王切開の体験記3

 

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村 ランキングに参加しています。 バナーをクリックするとランキングポイントが増えるので、 クリックして応援してくださるとうれしいです。

-産後

Copyright© ワンダフルライフ 妊娠・出産・産後・育児 やってみてわかったこと  , 2018 All Rights Reserved.