記事一覧 教育

「くもんNEWスタディ将棋」と「どうぶつ将棋」で将棋を始める

投稿日:2017年8月30日 更新日:

夏休みに2年生の息子と将棋を始めました。
初めての将棋に親子で挑戦です。

将棋を始めるきっかけ

この夏、親子で児童館に何回か遊びに行きました。
慣れない場所でもじもじする息子。
仲良くなったかなと思ったらけんかをしてしまったり。
苦手な遊びには入りたがらなかったり。
お友達作りに不器用なようです。
そんな時、お友達が誘ってくれて、一緒に遊べて楽しかったのが将棋でした。

将棋で世界が広がるかな

親としては、お友達とできる気に入った遊びができて、うれしくて、夢が広がります。
将棋って、コミュニケーションツールになるんだ!
将棋が好きな子同士で仲良くなれるかもしれない。
将棋教室に通ったら、先生や先輩、仲間ができていいかもしれない。
大人になっても、将棋の対局場とかに行けば、人と触れ合うことができるし、息抜きになるかもしれない。
将棋って、良いなあ。すごいなぁ。と妄想が広がりました。

最初にしたのはどうぶつ将棋

最初は、見た目にも簡単そうな雰囲気のあるどうぶつ将棋から始めました。

新装版どうぶつしょうぎ ([バラエティ])
by カエレバ

駒についている赤丸のところに進めて、駒を取り合います。ライオンをとったり、ライオンが相手の陣地にトライすると勝ちです。
簡単そうで、けっこう奥深いんですよ。
子供相手にコロッと負けちゃったり。
スマホのアプリでもゲームできるので試してみてください。

最近は将棋ブームなのか、将棋関連商品が品薄です。どうぶつ将棋もそうで、ネットでは価格が高騰しています。
でも、普通の価格で注文できるところもあるので探してみてください。

くもんNEWスタディ将棋にステップアップ

どうぶつ将棋になれたら、将棋にレベルアップ!
くもんNEWスタディ将棋なら、どうぶつ将棋のように駒に進める方向の印がついています。
漢字だけの駒よりも、動かし方がわかりやすいです。
駒が増えて並べ方もおぼつきませんが何回かやってみると、だんだんできるようになるものです。
これも、人気のため、品薄です。
地元の取り扱い文房具店で聞いたら、受注生産状態で、予約も受け付けてないそうです。
でも、楽天やアマゾンに売っている時もあります。
その日の状況で変わるのでチェックしてみてください。
運が良いと、価格高騰していないものが買えます。

NEW スタディ将棋 (リニューアル)
by カエレバ

私は、楽天で普通の価格で買えました。この品薄のなか、すんなりと変えたので不思議に思っていました。
 そしたら、こんな駒が混じっていました、だからかなあ。気にしないけど。

将棋漫画でお勉強

ちゃんとした将棋のルールを子供にも教えたいし、
子供に負けちゃうので、将棋漫画でお勉強しました。
一回勝てました。
この本は読みやすくて、わかりやすいです。

マンガ版 将棋入門:はじめてでもすぐ指せるようになる!

藤井ひろし 創元社 2010-07-21
売り上げランキング : 4628

by ヨメレバ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

広告

広告

-記事一覧, 教育
-,

執筆者:

関連記事

東京ディズニーリゾート バケーションパッケージとは?高いのか?

2017年と2016年のゴールデンウィークに行ったバケーションパッケージについて検討してみます。 バケーションパッケージとは? パッケージ内容は? ディズニーリゾート周辺のホテル宿泊とパークチケット、 …

子供とぶらりと京都鉄道博物館を楽しむ

京都鉄道博物館に行ってきました。 下調べもせずに、ぶらりと行って2時間半の滞在です。 本気出さずに軽く行って、かなり子供たちは楽しめたようです。 特に電車マニアってわけではないけど。1日たっても、2歳 …

夏の花遊び

夏の濃い色の花を使った染色遊びをしました。 子供にとっては、花を摘んで紙を染める工程は楽しいようです。 染め出しに使える花(朝顔&ツユクサ) 小学校の生活の学習で育てられる朝顔。 授業や、夏休みの宿題 …

子供が3語文を話し出すときの絵本との関わり

毎晩、読み聞かせをして寝かしつけしています。 2歳から3歳で3語文を話し出すのですが、3人の子供たちはそのころ同じような様子を見せたので書いてみようと思います。 同じ絵本を読みたがる 毎日毎日、同じ本 …

夏休み 初めての作文 わが家の指導方法

作文のハードル 長男さんは小学2年生。 この夏休み、初めての作文の宿題が出ました。 ハードル高いです。 ・長い文章を書いたことがない。 ・文章を書くことすら、おぼつかない。 ・作文って何なのか、知らな …

自己紹介

自己紹介
ぷるぷにばぶー
30代後半女性
2009年第1子出産
2011年第2子出産
2014年第3子出産
第1子出産後は専業主婦

このサイトについて

いろんなことをじっくり考えて丁寧に生きていきたい。
どうしたらいいのかな?何が必要?なんでこうなの?
単調な毎日のようで、子供の成長につれて刻々と変化していく環境。
子育てって、忍耐と柔軟性が必要ですよね。
頑張るのも大事だけど。手抜きと、楽しみはかかせない。 女性って忙しいですよね。全部ひとりでなんて無理。
だから、お友達とたくさん情報交換して、楽しく早く自分にぴったりな事を見つけていく。
このサイトがそんな女性のお友達になっていけたらうれしいです。
毎日のヒントにつながってほしい。。。

サイトマップへ移動

検索

楽天ウィジェット