幼児のお世話

末っ子の、のんびりトイレトレーニング~トイレアイテムの紹介とともに~

更新日:

 

 

 

末っ子ちゃんは、3歳過ぎてもオムツでトイレトレーニングを先延ばしにしていましたが。めでたく、パンツマンになりましたのでまとめてみたいと思います。

いつか自然にトイレに行くのを願ってみたけど

無理でした。気が向いたら、おまるに座らせていたりはしていたのですが。親の本気って見透かされているんでしょうか…。一向にオムツが取れませんでした。親がオムツを許しているうちは、おしっこをオムツでしても良いと思っているようでした。

3歳過ぎて、私が焦ってきた

3歳過ぎて、幼稚園も進級したこともあり、先生との面談で「そろそろ頑張りましょう!」となった所で、ようやく私も本気になりました。でも、トイレトレーニングって…?と忘れかけていた私。えーと、何からしようかな。

トイレ環境作り

形から入ってすいません。まずは、トイレ環境を整えました。お兄ちゃんやお姉ちゃんの時から5年ほどたっていると、トイレアイテムも進化しているんですね!

トイレの踏み台

素敵な様式トイレの踏み台を取り入れました。トイレに座るのも上手に登れるし、ウンチで踏ん張るときも足が届いてちょうど良い高さです。トイレに合わせて、白い木製のものにしました。滑りにくいように踏み台にスリットが彫ってあるのが優しいですね。トイレで転んで欲しくないので、頑丈なものにしました。

こどもちゃれんじ「トイレでできたよ!ポスター」で楽しいトイレに

お兄ちゃんの時もお姉ちゃんの時も、トイレでのご褒美シールがもらえるのが嬉しくて頑張ってトイレに行っていたので、こどもちゃれんじの「トイレでできたよ!ポスター」は私の中で必須アイテムになっていました。なので、末っ子ちゃんにも用意しました。このポスターは年度初めの3月から5月くらいまでに入会するともらえますよ。ポスターの裏表にも貼れるし、シールもたくさんあるので、長期戦のトイレトレーニングはもってこいです。

 

 

 

 

トイレの時間間隔をつかむ

そして、オムツをトレーニングパンツに変えて過ごし始めたのですが。末っ子にはトイレに行くという感覚がないので、当たり前のようにパンツを濡らしてしまいました。やはり、親が本気を出さないといけないようで。食事の後とか、2時間毎におしっこをするようだと気付いてから、私がトイレにちゃんと連れて行くようになると、あっという間にトイレでおしっこができるようになりました。

トイレでおしっこが普通という感覚になってくる

今までは、「オムツでおしっこ」だったのが、パンツが濡れることを経験し、お母さんが必死でトイレに連れて行くもんだから、「トイレでおしっこ」というのが普通の感覚になっていきました。

自分で「おしっこ」といえるようになる

私と一緒に数時間おきにトイレに行くようになって、「いつまで付きっきりなんだろう?」と思っていたのですが。数か月ほどすると、私がうっかりとしてほっておかれる末っ子は、自分で「おしっこでる!」といえるようになっていました。

さいごに

やはり、トイレトレーニングは親の本気さが必要なようです。でも、そんなにずっと本気出してなくても大丈夫。本気を出したと思って、上手くいくようになると、気が緩み、子供は自分でできるようになっちゃうという感じでした。

関連記事

お兄ちゃんやお姉ちゃんの時のトイレトレーニングについては、こちらにまとめてあります。トイレトレーニング~心と体の成長と共に、モデルを見て出来るようになる~

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村 ランキングに参加しています。 バナーをクリックするとランキングポイントが増えるので、 クリックして応援してくださるとうれしいです。

The following two tabs change content below.
家業の経理を担当しつつ、子育て、家事、ブログ、自分磨き。子供3人(2009年,2011年,2014年)3人目は帝王切開。 子育てのモットーは「普通で上出来。健全な精神をもって育ってほしい」 私の経験が誰かのヒントになったら嬉しいです。 ツイッターで今日の家事&育児ポイントをつぶやいてます。フォローよろしくお願いします。@wlife_wlife

記事紹介と広告

-幼児のお世話
-

Copyright© ワンダフルライフ 妊娠・出産・産後・育児 やってみてわかったこと  , 2019 All Rights Reserved.