レジャー

東京ディズニーリゾート バケーションパッケージとは?高いのか?

投稿日:2017年9月14日 更新日:

2017年と2016年のゴールデンウィークに行ったバケーションパッケージについて検討してみます。

バケーションパッケージとは?

パッケージ内容は?

ディズニーリゾート周辺のホテル宿泊とパークチケット、その他特典がセットになっています。
特に、ファストパスやショー鑑賞席が特徴的です。
ファストパスは、非販売品なのでパーク内で自力で発券するか、バケーションパッケージで得るしかありません。
バケーションパッケージのファストパスは、時間指定がないので、好きな時にアトラクションが楽しめます。
また、ショーが特別席で見れたり、キャラクターに会えるレストランなどがセットになって特別な体験ができるパッケージもあります。

どんなホテルに泊まれるの?

バケーションパッケージとして泊まれるホテルは、ディズニーリゾート周辺にあるホテルです。
ディズニーへの距離で分類分けされているので、ご紹介します。

ディズニーホテル

4種類

最も近いディズニー直営ホテル

例外:セレブレーションホテル

バケーションパッケージあり

オフィシャルホテル

6種類

ディズニーリゾートライン
沿線のホテル
バケーションパッケージあり

パートナーホテル

4種類

新浦安駅周辺のホテル バケーションパッケージあり

グッドネイバーホテル

12種類

東京、千葉のホテル

バケーションパッケージなし

いつから予約できるの?

バケーションパッケージは6か月前から予約できます。
ディズニーホテル宿泊のみの予約は、5カ月前から予約できます。
オフィシャルホテル宿泊のみの予約は8カ月前から予約できます。

また、パークチケットの販売は2カ月前からです。

ということは、バケーションパッケージにすることで、最も早く宿泊とパークチケットが確約できるのです。
繁盛期にしか行けない時には、いち早く確保できて安心です。

どこで予約できるの?

東京ディズニーリゾートのサイトから予約するか、JALパック、NANスカイホリデー、JTB(日本旅行)等の旅行会社から予約できます。

価格は?

2016年と2017年のゴールデンウィークにバケーションパッケージでディズニーに行ったので、その時のパッケージ内容を価格化してみようと思います。
バケーションパッケージには非販売品やフリーチケットが含まれているので、概算になります。
非売品などを含めた概算価格と実際の価格を比べてみます。

実際に予約したパッケージで考えてみる

パターン①

2016年5月3日(火)~5日(木)アンバサダーホテル スタンドフロア トリプルルーム 
大人2人、子供ベット利用1人、子供添い寝1人、3歳以下1人
支払いしたお金 275,900円

(5月はイースターなのでウサギちゃんミニ―)

パッケージ内容 想定価格
宿泊費 2泊 130,000円

パークチケット
(初日からランドとシーを行き来できる)

3デーパスポートスペシャル
大人二人
子供2人

63,800円
ディズニーリゾートライン フリー切符3日間 4枚5回利用 2,000円
レストランチケット コースorバイキング 2食 20,000円
オリジナルグッツ  4個 4,000円
フリードリンク券 4枚12杯利用 4,200円
チケットホルダー 4個 6,000円
オリジナルガイドブック 1冊 900円
ファストパス・チケット C12枚 45,000円
合計   275,900円

料金が明確なもの順での表です。最後のファストパスは価格に換算するのが難しいので後回しにしています。
食事やチケットホルダーが高い感じがしますが、同等品と比べるとこのくらいでした。
オリジナルガイドブックは薄っぺらいから、高めかな。
その結果、ファストパスは1枚3,750円になりました。

パターン②

2017年5月6日(土)~7日(日)ホテルミラコスタ ポルト・パラティーゾ・サイド スーペリアルーム ピッッツアグランドビュー(斜めからのまあまあ景色がいい部屋) 
大人2人、子供ベット利用1人、子供添い寝1人、3歳以下1人
支払いしたお金 243,500円

(客室から見えたショー)

パッケージ内容 想定価格
宿泊費 1泊 78,000円
パークチケット
(初日からランドとシーを行き来できる)

3デーパスポートスペシャル
大人二人
子供2人

63,800円
ディズニーリゾートラインフリー切符2日間 4枚3回利用 1,200円
レストランチケット コースorバイキング 1食 10,000円
オリジナルグッツ  4個 4,000円
フリードリンク券 4枚8杯利用 2,800円
チケットホルダー 4個 6,000円
オリジナルガイドブック 1冊 900円
ファストパス・チケット A4枚 15,800円
ファストパス・チケット D16枚 61,000円
合計   243,500円

こちらも料金が明確なもの順での表です。
最後のファストパスは価格に換算するのが難しいので後回しにして、余りの金額を枚数で割っています。
その結果、ファストパスは1枚約3,840円になりました。
ファストパスAは人気のトイストーリーマニアや最新のニモアンドフレンズ・シーライダーで使えるので、ほかのファストパスよりも特別です。
その分だけ、高くなったのかな。

お得なのか?メリットは

ファストパスの価値観でお得かどうか決まる

計算してみて、ファストパスが約3,800円になったのですが、これが高いか安いと思えるかでバケーションパッケージのイメージが変わるのではないでしょうか。

「ファストパスなんて、現地で取りに行けばいい。労力だと思わない」という人は、バケーションパッケージは高いと思うんだろうな。

「ファストパスを取りにいけない、フットワークが無い。大変だ」という人は、バケーションパッケージは適正価格だと思います。

うちの場合は、子供を連れて、フットワークが重いし、ゆっくりとディズニーを楽しみたいということで、適正価格だと思えました。

お金では換算できない体験ができる

ショーを一番前でみたり、予約が大変なキャラクターに会えるレストランに行けたり。

普通にしていたら出来ない体験ができます。

何時間も場所取りしたり、予約に奔走しなくても特別な体験が出来るのです。

メリットまとめ

以下の①と②と③が一番のメリットだと思います。

①最も早い段階で、宿泊とパークチケットの予約が出来る。

②ファストパスが手に入る

③ショーが特別席でみれたり、キャラクターに会えるレストランに行くなど特別な体験ができる。

④限定グッツが手に入る。
 (オリジナルグッツ、パスケース)
 (後でネットオークションで売れる)

⑤コース料理やバイキングのレストランの予約が出来る。
 (ディズニーでは、はしゃぎすぎちゃうので、ゆっくり食事しての栄養補給は大事だと思います。)

⑥リゾートラインフリー切符、フリードリンク券がついている。
 (でも、そんなに乗らないし、飲む量は決まってくるかな。)

デメリットもある

(ミラコスタ ベッラヴィスタラウンジ ランチコースのデザート)

バケーションパッケージを利用して、不便だなと思ったのは、

パッケージに含まれるレストランの予約時間が微妙だったりするのです。

Happy15エントリーやパレードのために、行きたい時間が予約いっぱいだったりして。食事の時間が思ったように取れないことが多いです。
実際にバケーションパッケージを使ってみて、そこが困った所でした。
やっぱり、人気のある時間はみんな一緒なんですよね。

でも、ディズニーのレストランが楽しめるのも良いですよ。
あれもこれもと、心が動きますが。
ディズニーはたくさん歩いて遊ぶので、ゆっくり食事できる時間をとるのは大事だなって思います。

よかったら、関連記事もあわせて読んでみてください。

 

 

 

ディズニー バケーションパッケージ どこで予約する?公式サイト・JALパック・JTB・ANAスカイホリデー 内容の違いを比較してみた。

東京ディズニーランド ディズニーホテルを変えるか連泊か?子連れにおすすめのホテルは?

ディズニーリゾート ファストパスが使える幼児向けのアトラクションは? 

 

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村 ブログランキングに参加しています。 クリックして応援してくださるとうれしいです。

記事下広告大




記事下広告大




-レジャー
-

執筆者:

関連記事

芝政ワールド プールのコツ~持ち物や芝生広場などについて~

今年は、芝政のプールに3回も行ってきました。 芝政に行くのは今年が初めてで、その楽しさにびっくり。 わが家の楽しむコツをお伝えします。 芝政ワールドは広い!駐車場のコツ 芝政ワールドは、広いです。プー …

淡路島旅行の記録

こんにちわ。ぷるぷにばぶーです。 3人目が生まれてから、はじめて行った家族旅行についてまとめてみようと思います。 旅行記記事一覧はこちらからどうぞ。旅行リスト この旅行のテーマ この旅行は、夫が姫路に …

ディズニー バケーションパッケージ どこで予約する?公式サイト・JALパック・JTB・ANAスカイホリデー 内容の違いを比較してみた。

        バケーションパッケージとはディズニーのチケットやホテル、食事、ファストパスなどがパックになった商品です。そんなバケーションパッケージは航空会社、 …

だるまちゃん広場レポート

新規オープン だるまちゃん広場 いつできたの? だるまちゃん広場は、2017年8月11日にオープンしました。 武生中央公園がリニューアルしたようです。 だるまちゃん広場ってどういうこと? 福井県越前市 …

日航ホテル大阪 まさかのスイートルームにグレードアップ

スイートルームにグレードアップ 10月の連休にびわ湖バレイ⇒大阪レゴランドに行ったときに、日航ホテル大阪に宿泊予約していたのですが、チェックインしてみると、なんと、お部屋がスイートルームにグレードアッ …

自己紹介

自己紹介
ぷるぷにばぶー
30代後半女性
2009年第1子出産
2011年第2子出産
2014年第3子出産
第1子出産後は専業主婦

このサイトについて

いろんなことをじっくり考えて丁寧に生きていきたい。
どうしたらいいのかな?何が必要?なんでこうなの?
単調な毎日のようで、子供の成長につれて刻々と変化していく環境。
子育てって、忍耐と柔軟性が必要ですよね。
頑張るのも大事だけど。手抜きと、楽しみはかかせない。 女性って忙しいですよね。全部ひとりでなんて無理。
だから、お友達とたくさん情報交換して、楽しく早く自分にぴったりな事を見つけていく。
このサイトがそんな女性のお友達になっていけたらうれしいです。
毎日のヒントにつながってほしい。。。

サイトマップへ移動

検索


おむつを安く買うのに便利なサイトLOHACO Yahoo!ショッピング


楽天市場

楽天トラベル株式会社