レジャー

ディズニー バケーションパッケージ どこで予約する?公式サイト・JALパック・JTB・ANAスカイホリデー 内容の違いを比較してみた。

投稿日:2017年11月11日 更新日:

 

 

 

 

バケーションパッケージとはディズニーのチケットやホテル、食事、ファストパスなどがパックになった商品です。そんなバケーションパッケージは航空会社、旅行会社やディズニーサイトで購入できますが、何が違うのか?まとめてみます。(2018年10月調べ)

バケーションパッケージを取り扱っているところ

バケーションパッケージを比べるのは、以下の4つです。JTBは旅行会社の代表として選んでいます。

①ディズニー公式サイト

②JALパック

③ANAスカイホリデー

④JTB

ディズニー公式サイト

プランの内容

 

 

 

 

 

プランの内容で比較すれば、ディズニー公式サイトが一番優れています。まあ、当たり前か…。
他にはない、珍しいプランを体験することが出来ます。例えば、

・クリスマスやハロウィーンなどの季節ものや、ナイトショー鑑賞付きプラン
・キャラクターと会えるグリーティングレストランに行けるプラン
・プリンセスになりきれるビビディ・バビディ・ブティックに行けるプラン
・予約困難な素敵なお部屋に泊まれるプラン
・人気のトイ・ストーリー・マニア!や新しいニモ&フレンズ・シーライダーで使えるファストパス付プラン

場所取りに時間を費やしたり、予約が難しかったりというストレスがなくなるプランです。もちろん、ファストパスメインのスタンダードなプランもあります。1泊か2泊でのプラン選択です。

 

 

 

 

 

交通・移動手段

ディズニーまでの交通手段の手配は自分でする必用があります。
もちろん、交通費用はかかりますし、予約する手間が発生します。

ホテル

ディズニーホテル、オフィシャルホテル、パートナーホテルどのホテルも選択できます。
また、ディズニーホテルのキャラクターをテーマにしたお部屋が選べるのもが特徴的です。

泊数に関わらず、好きなホテルの好きなお部屋を選べます。

 

 

 

 

東京デズニーランドホテル ティンカー・ベル ルーム

チケット&ファストパス

ランドもシーも行き来できるチケットです。ファストパスも付いてきます。
また、プランによっては、ファストパスAが付きます。
ファストパスAは人気のトイ・ストーリー・マニア!や新しいニモ&フレンズ・シーライダーで使えます。
このファストパスAは、ディズニー公式サイトのバケーションパッケージでしか得られません。

 

 

 

 

チケットの入手方法

ディズニー公式サイトで申し込むと、パッケージキットと言ってチケットやファストパス、ドリンク券、リゾートラインのフリー切符などが自宅に配送されます。当日に、どこかに立ち寄らずにそのままパークに入れます。

 

 

 

 

パッケージキットのクリアファイルバック。

食事

1日1食付きます。ディズニーホテルではレストランと予約時間を選べるのですが、思うような時間にとれない場合もあります。

プランによってはさらにもう1食付きます。

おまけ

ディズニーリゾートラインのフリー切符、パークで飲み放題フリードリンク券、ガイドブック、オリジナルグッツ、チケットホルダー引換券が付いてきます。

ディズニー公式サイトで予約していれば、トラベルバックというページでレストラン追加やホテルオプションの追加が簡単にできます。人気のオプションはすぐに予約が埋まってしまうので注意です。

また、最もはやく予約が出来るのが公式サイトです。(6か月前から予約開始)

 

 

 

 

ディズニーキャラクターに会える、ビュッフェレストラン、シェフミッキーを追加する?

費用

バケーションパケージ費用+交通費=必要な費用

以下に紹介する他会社のパックよりも、豪華な昼食が含まれています。

 

 

 

 

JALパック

プランの内容

チケット+ファストパスのスタンダードなプランになります。1泊か2泊、ファストパスの枚数でプランを選びます。ショー鑑賞券付のプランは2泊でのプランのみです。ショーはディズニーランドのトゥモローランドランドである「ワンマンズ・ドリームⅡ ザ・マジック・リブズ・オン」です。

このプラン内容は他の会社も同じです。

交通・移動手段

 

 

 

 

JALの飛行機での移動になります。出発の飛行場によってはツアーを扱っていないのでチェックして下さい。
羽田からの往復にディズニーにデコられているバス、マジックファンタジー号に乗れます。限定日に往路のバスに乗れば、JAL×タカラトミーとコラボ企画のディズニーモータースが当たるかもしれません。(要予約)
往路でマジカルファンタジー号と飛行機の時間が合わない場合は、リムジンバスに無料で乗れます。(要予約、バスロビー立ち寄り必用)

ホテル

泊数によって選べるお部屋が変わります。1泊プランでディズニーホテルに泊まりたい場合はセレブレーションホテルになります。ディズニーホテルが選べるという点ではANAとは違うところです。

2泊のプランだと、ディズニーホテルやオフィシャルホテル、パートナーホテルなど選べるホテルの幅が広がります。ショー鑑賞券付きプランかファストパスチケットが多いプランを選びます。

チケット&ファストパス

ランドもシーも行き来できるチケットです。ファストパスも付いてきます。
ファストパスAではなく、ファストパスDという種類です。トイ・ストーリー・マニアとニモ&フレンズには乗れません。

チケットの入手方法

羽田空港でJALパックツアーデスクに寄って、チケットをもらいます。忘れずに!

食事

朝食が付きます。ランドホテル、ミラコスタ、アンバサダーは各ホテルごとに時間が決まっています。その日の開園時間が気になりますね。

他のホテルでも、朝食が付きますが、時間指定はありません。

おまけ

ディズニーリゾートラインのフリー切符、パークで飲み放題フリードリンク券、ガイドブック、オリジナルグッツ、チケットホルダー引換券が付いてきます。

また、JAL独自のパスケースがもらえます。その他に、オフィシャルホテルに泊まるとバックがもらえます。子供限定のプレゼントもあります。

空港からホテルへ、ホテル(ディズニー)から自宅への荷物配送が一人につき1個配送してもらえます。大きさの制限がありますのでチェックしてみてください。

費用

JALパックの費用=バケーションパッケージ+交通費

なので、支払いは1回ですみます。
JALマイルが貯まっている場合は、e JALポイントに交換することで支払いに充てることが出来ます。(1万マイル=1万五千ポイント(1万五千円分))

 

 

 

 

 

リゾートラインは乗り放題

ANAスカイホリデー

ANAスカイホリデー リンク

プランの内容

チケット+ファストパスのスタンダードなプランになります。1泊か2泊、ファストパスの枚数でプランを選びます。ショー鑑賞券付のプランは2泊でのプランのみです。ショーはディズニーランドのトゥモローランドランドである「ワンマンズ・ドリームⅡ ザ・マジック・リブズ・オン」です。
このプラン内容は他の会社も同じです。

交通・移動手段

 

 

 

 

ANAの飛行機での移動になります。出発の飛行場によってはプランが無かったりするので最寄りの空港をチェックして下さい。

リムジンバス、ANAバスが1回づつ使えます。リムジンバスはプランと一緒に予約を申し込む必要があります。ANAバスは復路のみの運行で、乗り場がリムジンバスとは違うので注意が必要です。

ホテル

泊数によって選べるお部屋が変わります。1泊の場合オフィシャルホテルから選びます。

オフィシャルホテルは基本選べますが2泊のショー鑑賞プランでは選べません。2泊のショー鑑賞プランではディズニーホテルから選びます。
パートナーホテルは2泊の場合のみ選べます。

チケット&ファストパス

ランドもシーも行き来できるチケットです。ファストパスも付いてきます。
ファストパスAではなく、ファストパスDという種類です。トイ・ストーリー・マニアとニモ&フレンズには乗れません。

チケットの入手方法

羽田空港でANAスカイホリデーカウンターに寄って、チケットをもらいます。忘れずに!

食事

ランドホテル、ミラコスタ、アンバサダーは朝食はオプションになっています。各ホテルごとに時間が決まっています。その日の開園時間が気になりますね。

セレブレーションホテルや他のホテルでは、朝食が付きますが、時間指定はありません。

おまけ

ディズニーリゾートラインのフリー切符、パークで飲み放題フリードリンク券、ガイドブック、オリジナルグッツ、チケットホルダー引換券が付いてきます。

60日前の申し込みで1万円オフの特典があります。期間限定でオリジナルポップコーンバケットがもらえます。

費用

ANAスカイホリデーの費用=バケーションパッケージ+交通費

なので、支払いは1回ですみます。

ANAマイルが貯まっている場合は、ANAご利用券に交換することで支払いに充てることが出来ます。(1万マイル=1万ご利用券(1万円分))

JTB

プランの内容

チケット+ファストパスのスタンダードなプランになります。1泊か2泊、ファストパスの枚数でプランを選びます。ショーはディズニーランドのトゥモローランドランドである「ワンマンズ・ドリームⅡ ザ・マジック・リブズ・オン」です。

このプラン内容は他の会社も同じです。

交通・移動手段

飛行機(JAL、ANA)、電車(JR)どれでも組み合わせられます。
JRの方がアクセスに便利な地域では、うれしいですね。
飛行機にすれば、マイルもたまります。羽田空港からはリムジンバスが往復、無料で使えます。(事前予約必用)

各地域ごとにJTBのバケーションパッケージのパンフレットがありますので、そこに交通費が書いてあります。

JTB地域別パンフレット一覧

ホテル

1泊でも、2泊どのプランでもディズニーホテル、オフィシャルホテル、パートナーホテルが比較的自由に選べます。この点ではJALやANAよりも自由度が高いです。

ディズニーホテルはスタンダードタイプのお部屋になります。

 

 

 

 

チケット&ファストパス

ランドもシーも行き来できるチケットです。ファストパスも付いてきます。
ファストパスAではなく、ファストパスDという種類です。トイ・ストーリー・マニアとニモ&フレンズには乗れません。

チケットの入手方法

ディズニーに到着してから、カウンターに立ち寄ってチケットをもらいます。

イクスピアリ1階にある「東京ディズニーリゾート・チケットセンター」にてエース整理表と引き換えにバッケージパックがもらえます。

食事

ランドホテル、ミラコスタ、アンバサダーは朝食あり、なしのプランが選べます。各ホテルごとにレストランの場所と時間が決まっています。その日の開園時間が気になりますね。

他のホテルでも、朝食が付きますが、時間指定はないようです。食事の点でも、JALやANAと比べると自由度が高くなっています。好きなホテルで、好きなように食事が出来るということですね。

おまけ

ディズニーリゾートラインのフリー切符、パークで飲み放題フリードリンク券、ガイドブック、チケットホルダー引き換え券が付いてきます。

荷物の配送サービスがあります。空港からホテルや、JR舞浜駅イクスピアリ「エースJTB専用手荷物配送センター」からホテルへ無料で配送できます。

費用

JTBの費用=バケーションパッケージ+交通費

なので、支払いは1回ですみます。パンフレットで、自分のバケーションパッケージ費用と交通費を足し算して総費用を計算してください。

 

 

関連記事

東京ディズニーリゾート バケーションパッケージとは?高いのか?

ディズニーリゾート バケーションパッケージが使える幼児向けのアトラクションは?

東京ディズニーリゾート ディズニーホテルを変えるか連泊か?子連れにおすすめのホテルは?

2歳の怖がりな子と一緒に行ったディズニーランドの周り方~楽しかった&怖かったアトラクション、おすすめレストラン~

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村 ランキングに参加しています。 バナーをクリックするとランキングポイントが増えるので、 クリックして応援してくださるとうれしいです。

-レジャー
-

執筆者:

関連記事

子供との沖縄旅行は滞在型コンドミニアムホテルで決まり!カフ―リゾートフチャク コンド・ホテル滞在中のお食事レポート

        カフ―リゾートでは、コンドミニアム型のアネックス棟に宿泊したのでお部屋での調理ができました。どんな物を食べたのか?レポートします。 カットフルー …

カフ―リゾート子供との沖縄旅行は滞在型コンドミニアムホテルで決まり!フチャク コンド・ホテルの宿泊レポート アネックス棟のお部屋の様子

        ゴールデンウィークに沖縄のカフ―リゾートに宿泊しました。複数泊したかったので、キッチンや洗濯機、掃除機がある滞在型のコンドミニアムホテルを選びま …

旅行リスト

こんにちわ。ぷるぷにばぶーです。 ゴールデンウィークが近づいてきて、お出かけ気分が盛り上がってきました。 何歳の子供を連れて、どこに旅行に行ったのかまとめてみようと思います。 こちらの記事は、旅行リス …

沖縄旅行の準備で絶対に買っておきたかったもの。~防水カメラでプールや海の思い出を残す~

        海やプールで写真が撮りたい! 沖縄旅行に計画が決まったとき、旅行の準備をパパに1つ頼みました。「防水カメラを選んで買って置くことこと!」旅行の計 …

びわ湖バレイ びわ湖テラスに行ったよ~見どころ、遊びどころ、混み具合レビュー~

びわ湖バレイ びわ湖テラスに行ったので、レビューを書いてみます。 初めて行ったので、失敗もありましたので、参考にしてもらえたらと思います。 連休の込み具合 2017年10月8日に行ってきました。連休の …

自己紹介とサイトへの思い
ぷるぷにばぶー

2009年第1子出産
2011年第2子出産
2014年第3子出産

いろんなことをじっくり考えて丁寧に生きていきたい。

どうしたらいいのかな?何が必要?なんでこうなの?

単調な毎日のようで、子供の成長につれて刻々と変化していく環境。
子育てって、忍耐と柔軟性が必要ですよね。
頑張るのも大事だけど。手抜きと、楽しみはかかせない。
女性って忙しいですよね。全部ひとりでなんて無理。

だから、お友達とたくさん情報交換して、楽しく早く自分にぴったりな事を見つけていく。

このサイトがそんな女性のお友達になっていけたらうれしいです。
毎日のヒントにつながってほしい。。。

サイトマップへ移動

検索

ビューティー・ライフぷるぷにの美容情報サイト