お知らせ サイトのデザインを変えました。スマホは左上のメニューボタンからお気に入りの記事を探してみてね。

 

出産

出産の入院準備 プラスアルファで用意したもの

更新日:

こんにちわ。
ぷるぷにばぶーのブログへようこそ。

快適な入院生活を送るために、プラスアルファでもって行った出産入院準備用品をご紹介します。

上の子供たちのおもてなし用品①

子供たちが入院しているママに会いに来るのは、とても楽しみな事だと思います。
そして、いざ来た時に病室の中で何をしようか?
何にもないと、ベットにのって飛び跳ねだしそう…。
ということで、お湯を入れるだけの美味しいココアを用意しました。これ、マシュマロが入っていておいしかったです。
余ったやつは、慌ただしい産後にさっと出せるおやつとして重宝しました。
出してあげると、ママの病院でのんだココアだよね。マシュマロ~。と盛り上がりました。
紙コップも忘れずに。

子供たちのおもてなし用品②

病室で楽しんだり、別れるのを嫌がったときのお土産として、簡単なおもちゃも用意しておきました。
こんな感じのやつを数種類です。

これも、すっごく喜んでくれました。
子供たちは、実際に病室に来るとなんだか緊張していて。
おもちゃを出すと、いつもの笑顔がみられてよかったです。
お土産にして持て帰ったりして、この時にあげたおもちゃの事は忘れられないらしく、同じようなものを見ると、「ママに病院でもらったのと一緒だね」と今でも言ってくれます。
実家では、すごく大事そうにしていたらしいです。サンプルが見つからなかったけど、きらきらシールのパズルが特にお気に入りでした。

自分のリラックスアイテム①

個室だったので、病室で音楽が聞けるように、ミニスピーカーを持っていきました。
痛みを1人で我慢しているときなんかに、すっごく助けられました。
スピーカーで聞くと、音に包まれる感じで、イヤホンよりもリラックス効果が大きいです。
隣の部屋に聞こえないように、小さい音で聞きました。

自分のリラックスアイテム②

いろんな種類のティーバックを持っていきました。紅茶、ルイボスティー、ジャスミンティー、など。
1人でゆっくりできるのなんて、入院中だけ!(母子別室でした)
気分によってお茶をかえてリラックスタイムを楽しみました。

いただきもののケーキと一緒に飲んだり。
お見舞いに来てくれた友人をもてなしたり。

病室にはポットが備え付けじゃなかったので、小さいのを持ち込みました。
これで、子供たちのココアも作れます。

マグカップは自分用とお客さん用に2個、予備で紙コップ。
スプーンも持って行って良かったです。
差し入れの物を食べたり、ココアを混ぜたりして重宝しました。

病院でもお茶がもらえたので、たっぷり入る蓋つきマグカップを持っていきました。
おっぱいのためにも、たっぷりと水分補給です。病院では、1日2L以上とか言われるのです。

まとめ 素敵な出産の入院生活が送れるように

1人でいられる貴重な時間だと思って、こんな感じで、入院生活を楽しみました。
でも、胎児機能不全で出産前から入院して、10日間も病院にいたので、1人を満喫しつくして、最後にはさみしくなったのでした。

(出産のお話はこちらです。→帝王切開の体験記

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ
にほんブログ村 ブログランキングに参加しています。 クリックして応援してくださるとうれしいです。

-出産

Copyright© ワンダフルライフ 妊娠・出産・産後・育児 やってみてわかったこと  , 2018 All Rights Reserved.